SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
世界最大の祭り- ブラジル・カーニバルの歴史 ②
2010-02-06 Sat 05:33
庶民のカーニバル


リオデジャネイロやサンパウロで行われる華やかなカーニバル・パレード(ちなみに、カーニバル・パレードのことをブラジルでは”デスフィーレ・デ・カルナヴァル=Desfile de carnaval”と言います)は、実際はパレードをする側=エスコーラ・デ・サンバとパレードを観る側=観衆に分かれていて、観衆は大いに声援を送り、エスコーラのパレードが抜きん出ている場合は総立ちでその素晴らしさを称えますが、あくまでも受動的に観るだけという立場は変わりません。
その意味では、町の通りで誰もが参加できるカーニバルの方が本来のカーニバルの精神を受け継いでいる言えるでしょう。
ということで、豪華絢爛なカーニバル・パレードの次は、伝統的なカーニバル、つまり庶民のカーニバルを見てみましょう。


カーニバルを楽しむフォリオン(後述)たち
foliao.jpg


仮面をつけたり、テープや紙ふぶきをなげたりして楽しむ庶民のカーニバル
confetes.jpg


ストリート・カーニバルではそれぞれが自由な仮装をして楽しむ
ca.jpg



ストリートで楽しむカーニバルは、ポルトガル語でも読んで字のごとく「カルナヴァル・デ・フア=Carnaval de Rua(通りのカーニバル)」と呼ばれ、ほとんどの町で行われます。もちろん、中にはオリンダ市(ペルナンブコ州)やサルバドール市(バイア州)などのように100万人とか200万人とかが参加する大規模なものもあります。当然、このようなストリート・カーニバルは他所からカーニバルを楽しむ(踊る)ためにくる者が大勢参加するのですが、このようなカーニバルでは「トリオ・エレートリコ」と呼ばれる、10万ワットから15万ワットの出力をもつアンプと大スピーカーを搭載した移動ステージとでも言えるものが使われ、人気アシェー・シンガーが「アシェー(Axe)ミュージック」と呼ばれる、テンポの早いリズム感のある曲を歌い、群衆はそれに乗って踊る(たんにぴょんぴょん跳ぶだけ?)のです。



トリオ・エレートリコの周りでカーニバルを跳ぶ群衆(サルバドール市)
トリオエレートリコ


サルバドール





ストリート・カーニバルは、ところによっては”ブロッコ=Bloco”(正式名称はブロッコ・カルナヴァレスコ=Bloco Carnavalesco)と呼ばれる、半組織カされた、同一のユニフォーム、または自由な服装を着た集団によって行われる場合があります。ブラジルで有名なのは、レシフェ市(ペルナンブコ州)のガーロ・ダ・マドロガーダ=Galo da Madrugada(夜明けの雄鶏)と呼ばれるブロッコで、2009年にはなんと150万人がこのブロッコでカーニバルを楽しんだというからものすごいものです
ちなみに、このガーロ・ダ・マドロガーダはギネスブックにも”世界最大のブロック”として登録されているとか...
ちなみに、このようなブロッコでカーニバルを楽しむ人たちのことをフォリオン=foliãoと呼びますが、ブロッコによっては、同一の衣装を着て楽しむ場合もあり、この場合は日本円にして2万円なり3万円なりのブロッコ入会費のようなものを支払います。この費用は衣装費とかが含まれていますが、早く言えば”カーニバル遊び料”みたいなもので、毎回(毎年)払わなければ参加できません。

雄鶏のシンボルをかかげて通る世界最大のブロッコガーロ・ダ・マドロガーダ(オリンダ市)
ペルナンブコ01

オリンダ市のストリート・カーニバル(遠方から撮影したもの)
ペルナンブコ03



一方、オリンダやサルバドールのように大規模ではありませんが、普通の町の通りで楽しむカーニバルもあり、これもやはり楽しそうです。この場合は、電柱などに取り付けたスピーカーから流れる曲に乗って踊る(跳ぶ)のです。

ストリート・カーニバルには外国からも参加する者が多い
オリンダ03-1

オリンダ04

オリンダ




 
フレヴォ


ペルナンブコ(北部の州)には、フレヴォ=Frevoというスタイルのカーニバルもあります。フレヴォは1910年に発生したもので今年がちょうど誕生100周年になります。frevoの語源はferver(煮えたぎる)から来ており、これは踊り子がまるで足を熱湯につけているように激しく動かして踊ることから来ています。語源を見ただけでも、かなり忙しい(?)踊りであることが想像できると思いますが、実際にビデオなどを観ると、そのエネルギッシュさに圧倒されてしまいます フレヴォの曲にあわせ、跳んだりはねたりと、アクロバットのような目を見張る振り付けで見るものを魅了します。
フレヴォの曲は、マルシンニャ(おぼえていますか?”世界最大のカーニバル近づく”の第一章で紹介した曲です)のテンポをもっと早くしたような曲です。
フレヴォの踊り子は圧倒的に若い子が多いです、ってこんな激しい踊りは30代過ぎたらムリだと思います フレヴォの踊り子のスタイルは、片手に小さいビーチパラソルみたいなものを持ち、女の子の場合はチアガールみたいな短いスカート、男の場合はぴったりしたパンツを着ています。
フレヴォはペルナンブコのレシフェの町で20世紀初頭に生まれたのですが、そのころは、それぞれのフレヴォ・グループはフレヴォを踊る者のほかに前衛としてカポエイラ(黒人奴隷が生み出した、足だけを使って攻撃する格闘技)をするものがいて、ほかのフレヴォ・グループとグループ・フラッグ(旗)の争奪をめぐってケンカをすることが普通であったそうです これなんかは、昔の日本における祭りのときのケンカとまったく同じですね。



フレヴォは創設当時から現在まで同じ衣装とカラフルな傘を使っている
パシスタ


パシスターフレヴォ-01

フレヴォ-01



フレヴォの動画 たいへんエネルギッシュなダンスです


カポエイラとフレヴォのデモンストレーション


下の動画はカーニバルと直接関係はありませんが、この記事のためにフレヴォの動画を探していて偶然見つけたものですが、レシフェ市のフレヴォ;スクールがユースアメリカグランプリに出場して、見事に2位を獲得した時のレポート番組動画です。クラッシクバレーがメーンの同グランプリでフレヴォが堂々と2位になったということは、そのダイナミックな踊りと振り付けが認められたということで、たいへん素晴らしいことだと思います。






ボネコ(巨大人形)


フレヴォと並んで有名なのが、やはりオリンダのやレシフェのカーニバルで見られるボネコ(巨大人形)です。
記録によれば、1932年にオリンダの町で最初にボネコが作られカーニバルに参加したそうです。
このボネコはもともとは、サンパウロ州の奥地の町の「ブンバ・メウ・ボーイ=Bumba Meu Boi」 という民俗芸能の一部であったものが、どういうわけかオリンダやレシフェなど、ブラジル北部の町のカーニバルの名物になったのだそうです。
ボネコは平均3メートルの高さで、胴体は発布スチロール、紙、木材、頭部はファイバーグラスで作られており、衣装は当然、布でかなりの量が必要ですが、これを一人で担ぎ、焼けるような真夏の町の中を練り歩くわけですが、ボネコの内部は摂氏40度を越すそうですから、ボネコ担ぎも楽ではありません


民俗芸能”ブンバ・メウ・ボーイ”で使われるボネコ
ボ・サンルイス

こちらはオリンダのカーニバルのボネコ
ボ1

ボ2

ボ3

ボ4



これはフレヴォと巨大人形のカーニバルが見られるオリンダの町のカーニバル



ボネコのパレード(オリンダの町)





アシェー・ミュージッとカーニバル


また、これも近年流行りだしたのは、サンバとレゲエをミックスして出来たアシェー・ミュージックといわれる曲をストリート・カーニバルで使うことです。
アシェー・ミュージックの超人気シンガーを呼んで(契約)行われるこの手のカーニバルは若い世代にすごくウケているようです。


アシェー・ミュージックの人気シンガー:クラウディア・レイテ


クラウディア・レイテが、2010年カーニバル用にふきこんだ新曲


クラウディア・レイテと人気を二分するアシェー・ミュージック歌手:イヴェッテ・サンガロ




終わりに


ブラジルのカーニバルについては、折々にこのブログで取り上げていましたが、今回、カーニバル2010が近づいたのを機に、かなり以前『ブラジル雑学』というカテゴリーで書いた「ブラジルのカーニバル」記事をふたたび取り上げようと重い、ブログに投稿する前に、一応、内容を見て必要であれば補足追加しようと楽に考えていたのですが...
結果は、かなり追加することになってしまいした
まあ、こういう遊び半分みたいな趣味(ブログ)で、Loby自身もブラジルのことを色々みなさんにご紹介するためにあれこれ調査して、さらにブラジルの文化や習慣などといったものに関して勉強もできるので職業的にもこういった知識は豊富であればあるほどプラスになるのでたいへんいいことだと思っています ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

ともあれ、ブラジルのカーニバルは”踊って楽しい、観ても楽しい”という万人向けのお祭りですので、どのような人にも楽しめる、民主的なイベントと言えます。











おまけ:

1978.jpg


カ04

カ02

カ01

ka.jpg

カ準備

カ準備03

カ準備02

カ・ルイザ

カ・サルゲイロ

カ09

カ07

カ06

カ03

ペルナンブコ

カー10

カーニバル01




カ-79



別窓 | 探求 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<うちの妻ってどうでしょう? | Metamorphoses Islands | 世界最大の祭り- ブラジル・カーニバルの歴史 ①>>
この記事のコメント
    ,, ,££,
  __ソ α つ
 (・ ・     )
  てノ ̄\ (\
        \~(\
         ノ  ~(\
        (゚Д゚,,) ~(~ヽ  <竹馬はいてみました!
        '⊃l l⊂)   ~|
        l_l l_l ...,,_ノし●
        l_lノ.l_lノl_l l_l
        l_l「.l_l「.l_l l_l
        l_l l_l .l_l l_l
        l_l l_l  l_l l_l
        l_l l_l  .l_l l_l
        l_l l_l  l_l l_l
        l_l l_l  .l_l l_l  (´⌒;; ずるずる…
             (´⌒(´⌒;;
2010-02-21 Sun 16:03 | URL | もっずぱんつ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
竹馬もお上手なようですね^^b
2010-03-01 Mon 20:24 | URL | Loby #2xh5UkL6[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Metamorphoses Islands |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。