SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
リュウの道
2010-01-03 Sun 06:34
 新年明けましておめでとうございます。
ひょいとカウンターを見れば222になっていました。
「メタモルフォセス群島」はLobyが12月の20日頃から「マウス腱鞘炎」の問題でぜんぜん更新していませんので、あの頃はカウンターは100程度だったのでそれから約100人の方がこのブログに来訪してくださった計算になります。細々と(?)一人で「メタモルフォセス群島」を続けているLobyにとってはたいへん嬉しいことです。

 さて、テーマに話をもどして、周知のように石ノ森章太郎は、手塚治虫とならんで日本を代表するSF漫画家です。
石ノ森章太郎の代表作品『サイボーグ009』についてはすでにここで取り上げましたが、今回は『リュウの道』です。ちなみに『リュウの道』はずっと昔(?)に単行本で何冊か読んだことがありますが、6巻全部を通して読みたかったのが今回、電子書籍のおかげで可能になり一気に読破しました。これでいつ死んでもいいヾ(--;)ぉぃぉぃ
まあ、それは大げさですが、この『リュウの道』はストリー的にも表現的にも石ノ森章太郎の最高作ではないかと思います。 以下、画質の悪いモニターの画像写真とともに本作品についてのご紹介をします。


 『リュウの道』 第1巻の表紙                        
リュウの道15 

         目次
リュウの道16

   第二巻から第六巻までの表紙
ryuno201_p.jpgryuno301_p.jpgryuno401_p.jpgryuno501_p.jpgryuno601_p.jpg



あらすじ

舞台は2020年、人類初の恒星間宇宙船に密航した柴田リュウは、冬眠カプセルから起きると宇宙船がまったく知らない惑星に着陸していることを知った。 宇宙船の乗組員はリュウ以外はみんな死んでいた。 地球型惑星であるその惑星には凶暴な新北京原人や有尾人類、それに巨大な食肉植物やジャイアント吸血コウモリが徘徊する危険な惑星であった。 
リュウはマリア・ヘンダーソンとジミー・ヘンダーソンの姉弟を救い、3人で調査を始めるが、じきにその惑星がおろかな人類が核戦争で滅ぼした地球の成れの果てと知る。
新北京原人の子供ペキを救ったことから新北京原人たちと仲良くなり、類人猿グループのリーダーとなったリュウは、マリア、ジミーとともに人間の住む都市を探す旅に出る。 
そして旅の途中でマリアは有尾人にさらわれ、生贄の火あぶりにされるところを間一髪、ゴットと名乗るサイボーグの助けによりマリアを救い出す。
 

 漫画の極地と言っても過言ではない石ノ森章太郎のペンタッチ
リュウの道7

 第一部第一章 太陽系第三惑星―地球
リュウの道18

 富士山に似た活火山がさかんに煙をはいている
リュウの道8

ゴットがリュウたちを連れて行ったのは、おとなしく従順な人間たちが住む部落だった。
そこではゴットは神様のように尊敬されていた。
しかし、従順な人間たちと思われた村民たちはある日、突然リモートコントロールされたかのように老人と子供たちを置いて、行列をなしてみんな村から出て行ってしまう。あとを追ったリュウたちが見たのは高等知性によって牧場の牛のように飼われていた人間たちの姿だった...

リュウたちは残された老人と子供たちを連れてあたらしい旅に出発する。
長い旅の末、彼らは城壁に囲まれた町にたどりつくが、門は硬く閉ざされていて誰も入れない。
そしてリュウたちは町の中には巨大な力をもつ教主と人間たちが住み、外は町から追放されたミュータントが住んでいることを知る...


  ミュータントたちのリーダーとなったリュウ
リュウの道9

  人類滅亡の真の理由は核戦争だけではなかった...?
リュウの道6

  そしてリュウは地球に生命発生以来の歴史を真実の歴史を知る
リュウの道5

リュウの道4

リュウの道3

リュウの道2

リュウの道1




あとがき

『リュウの道』を最後まで読んで興味深く感じたことは、〝「愛」が人類を救う”というメッセージで終わっていることですね。
これは、奇しくも日本SF界を代表する小松左京の『復活の日』とまったく同じなのですね。
まあ、『リュウの道』も『復活の日』もたいへん優れた作品であることに疑いはないのですが、両作品で著者が最後に送るメッセージが「愛」というのは私にとっては少々残念です。
だって「愛」というのはヨーロッパ的なキリスト教の教えから来ているものであり、なにもここでキリスト教の教義を云々しようとは思いませんけど、「愛」は人類を救えるほどの力をもってないということを言いたいわけです。
その証拠に、キリスト教がもっとも興隆したヨーロッパではキリストの「愛」の教えを遵守する各王国間でつねに戦争が絶えなかったし、同じくキリスト教の一派であるプロテスタントを信奉する米国も絶えず侵略戦争みたいなことをやっています。
「愛」と言うきれいごとだけでは世界も人類も救えないということを歴史は私たちに教えているわけです。
まあ、たかが漫画ですから、誰もがうなずき納得する「愛」でエピローグとなっても全然問題はないわけですけどね。



別窓 | SF漫画 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<海底二万海里と潜水艦の歴史 | Metamorphoses Islands | 日本語のルーツ part 4>>
この記事のコメント
おおー、アクセスたくさん来てますね。いいぞ。いいぞ。w (^ω^)b

おそらく、この作品は読んだことないと思います。設定は、猿の惑星に似た感じでしょうか。面白そうですね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
2010-01-04 Mon 01:09 | URL | モッズパンツ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
モッズパンツさん、『リュウの道』の設定は核戦争後という点で『猿の惑星』に似ていますが内容的には『猿...』をはるかにしのぎます (゜ー゜)(。_。)ウンウン
たいへんよく創られたSFストリーですのでいつか機会があったら是非読んでくださいね^^
2010-01-04 Mon 08:38 | URL | Loby #2xh5UkL6[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Metamorphoses Islands |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。