SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ターミネーター Part 1
2009-11-26 Thu 10:23
By Loby

ターミネーターの話題が出たところで、今回は『ターミネーター』をテーマに取り上げることにしました。

まずは『ターミネーター』のテーマソングを聴いて気分を出してください(これはT2です)。

『ターミネーター』はジェームズ・キャメロン監督によって1984年に製作されたSF映画で、一躍、アーノルド・シュワルツェネッガーを大スターに成し遂げた名作です。それまでは『コナン』シリーズなどのみで知られていた筋肉モリモリスターの一人でした。(コナン・シリーズも結構面白いですけどね...) 
それが、ジェームズ・キャメロン監督に抜擢され、『ターミネーター』でトップスターとなり、 “ミスター・ボディビル”と呼ばれる見事に鍛錬された筋肉を見せるかたわら、(T2以降では)少々コミカルな面を見せたり、「I'll be back.」(私はもどってくる)という(あまりにも有名になった)名セリフをはいて シュワルツェネッガー・ターミネーターのトレードマークとなったり、とツキにツキまくってサクセス・ロードをのぼり続けることになりました。
一方、キャメロン監督も『ターミネーター』の大ヒット以降、続編の『ターミネーター2 』、『エイリアン2』、『タイタニック』と数々の大ヒット作を送り出し、ハリウッド映画界の大ヒットメーカーとなりました。

ターミネーター


それでは、簡単に『ターミネーター』のあらすじ紹介です。

近未来。反乱を起こしたスカイネット(人工知能)が指揮する機械軍により絶滅の危機を迎えていた人類だが、抵抗軍リーダーであるジョン・コナーの指揮下、人類は反撃に転じる。
脅威を感じたスカイ・ネットは、殺人アンドロイド『ターミネーター』を未来から現代へ送りこんだ。目的はジョン・コナーを歴史から抹殺するため、彼の母親となるサラ・コナーを殺害することである。同じ頃、人類側からも男性兵士カイル・リースがサラの護衛という使命をジョン・コナーからあたえられて未来から送り込まれる。そして人類の命運を分ける戦いが、1984年のロサンゼルスで始まる。
サラの居場所を突き止めたターミネーター (T-800型) を、同様にサラを探していたカイルが間一髪で阻止、彼女を救出して2人で逃走する。


ダンスホールでサラを見つけたターミネーター
ダンスホール


警察署を襲撃し、壁の後ろのターゲットに照準を合わせるターミネーター
ターゲット



事態が分からずに怯えるサラにカイルは説明する。 彼女を襲った者はサラを抹消する為に未来から送り込まれて来た殺人アンドロイドであり、サラを殺すという目的を果たすまで彼女を追い続ける事、そしてカイルはまだ生まれてないサラの息子、ジョン・コナーの命令でで、彼女を守る為に現代へテレポートして来た事を。半信半疑のサラであったが、カイルの生い立ちは彼女が生きている現代とは明らかに別物であった。また彼の人柄に触れるうちに次第に心を開くようになる。そしてターミネーターの追跡から逃げ続ける2人は、お互いに恋心を抱くようになる。

おたがいに惹かれるサラとカイル
サラとカイル


束の間の休息の後、2人はふたたびターミネーターの襲撃を受ける。カイルは負傷するが、ターミネーターの運転する大型タンクローリーを爆破、炎上させる事に成功。 これで全てが終わったかのように思われた。 しかし、炎上するタンクローリーの残骸から、チタン合金の骨格となったターミネーターが現れ、2人に迫る...  (Wikipediaより引用)

どこまでも執拗に追ってくるターミネーター
ターミネーターT1

サラが危ない!
ターミネーターT1





と、まあこんなものですが、この作品、制作費は640万ドル(当時で14億円)というハリウッド映画としては格安の映画で最初は製作・配給会社もまったく期待してないB級作品だったそうですが、公開されてみると人気沸騰、米国内で3830万ドル、海外で7800万ドルを興行収入で稼ぐドル箱作品となりました。
この作品の怖いところは、公衆電話の電話帳で見つけた「サラ・コナー」という名前の女性を訪れ、次から次へと殺して行くところですね
これはサラの立場から見ると魂が吹っ飛んでしまうような恐怖で、それが観ている者にも伝わって来ます。
それと、腕と目を負傷したターミネーターが、はじめは腕を切り開いて腕を修理し、次に目をえぐり出すシーンがありますけど、とくに目のシーンは迫真です 


こんなシーン (気持ち悪い) ハエがプ~ンと飛んでいます
目 ターミネーターT1


上のシーン以後、ターミネーターのトレードマークとなるサングラスをつかい始めます。
 ターミネーターT1


それはそうと、今年の夏に公開されたクリスチャン・ベール主演の超大作「ターミネーター4」を製作したハルシオン・ホールディング・グループがが所有する「ターミネーター」シリーズの権利を売却するかも知れないと米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じているそうです。
ハルシオンは07年に同シリーズの権利を2500万ドルで獲得し、「ターミネーター4」を製作したけど、同作の興行成績が予想を下回ったため資金繰りに行き詰まっているために「ターミネーター」シリーズの権利を売却することを検討しているとか。 なお、「ターミネーター」シリーズの権利の現在価格は6000万ドル(約55億円)程度と言われているそうですが、すでに「ターミネーター4」の世界配給を手がけたソニー・ピクチャーズを含む数社からオファーを受けているそうですので、もしかするとソニー・ピクチャーズが「ターミネーター5」を製作するかも知れませんね。


サイボーグなのに銃を発砲するとき目を瞬間つぶります


ターミネーター・コミック動画(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマッドサイエンチストも友情出演?)




別窓 | 外国のSF作品 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本語のルーツ part 1 | Metamorphoses Islands | 銀河鉄道999>>
この記事のコメント
マイケル・ビーンさん、かっこよかったですぅ~!
私はこの映画見て、彼のファンになったけれど、
この頃見かけませんねぇ…。
ターミネーター・コミック動画、映画のプロモーションビデオのように、
良いとこ取りで、ハラハラしますね!(^^)!
2009-11-28 Sat 23:11 | URL | おりおん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
そういえば、ビーンさんは最近とんと見ませんね~?
えっ、おりおんさんは彼のファン?
ヨンさまが知ったら泣きますよ~(^^;
2009-11-29 Sun 05:01 | URL | Loby #2xh5UkL6[ 内容変更] | ∧top | under∨
ソニー・ピクチャーズが「ターミネーター5」を製作したら、007同様ソニー製品のオンパレードになりそうですね。w
(´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
2009-11-29 Sun 22:38 | URL | モッズパンツ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
映画界でも人気連作シリーズもの(の権利を)どんどん買って続編を製作し続ければソニーピクチャーズも実質的に世界企業になりますね♪
2009-11-29 Sun 23:45 | URL | Loby #2xh5UkL6[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Metamorphoses Islands |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。