SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
奇跡の生還劇「ロスト・ムーン」
2010-03-19 Fri 12:04
 「Lost Moon」といっても知らない人がいると思いますが、これは人類の宇宙開拓史上に残る、「アポロ13号」の奇跡的ともいえる生還劇を綴った小説の原題(和訳は”失われた月”)で、映画好きな人ならすぐに『アポロ13』を思い出すと思います。
この作品は実際のアポロ13号の船長であったジム・ラヴェルがジェフリー・クルーガーと共著で著したもので、これが映画『アポロ13』の原作となったものです。


ジム・ラヴェル/ジェフリー・クルーガー共著の「Lost Moon」
Lost_Moon_02.jpg



アポロ13号の生還ドラマ


アポロ13号は、「アポロ計画」で3回目の月着陸を目標として1970年4月17日にケネディ宇宙センター第39複合発射施設から、米中部時間の13時13分に発射されました。



アポロ13号クルー

船 長:   ジェームズ・A・ラヴェルJr.(James A. Lovell, Jr.)
司令船操縦士:ジョン・L・スワイガート(John L. Swigert)
月着陸船操縦士:フレッド・W・ヘイズJr.(Fred W. Haise, Jr.)


司令船の操縦士には当初、ケン・マッティングリーが予定されていましたが、月着陸船予備操縦士のチャールズ・デュークが風疹にかかったため、風疹にかかったことのないマッティングリーには感染の可能性があったため、スワイガートと交替されました。
ちなみに、映画『アポロ13』では、ケン・マッティングリーがジョン・スワイガートと替わって地上に残ったことで、後ほどアポロ13号の事故発生後、クルーの生還に決定的に重要な役割を果たすことになりますが、実際には少々違っているようですが、それについては追々説明していきます。



アポロ13号クルーとアポロ13号の徽章
Apollo_13__Crew.jpg Ap13-01.jpg






1970年4月11日米中部時間13時13分にアポロ13号宇宙船を搭載した
サターンV型ロケットはケネディ宇宙センターから発射された。
Apollo13-liftoff.jpg

映画「アポロ13」の発射シーン
apollo13_2.jpg

映画「アポロ13」の発射時のアポロ13号司令船内クルー
apollo.jpg


アポロ13号が発射されたケネディ宇宙センター第39複合発射施設
第39複合発射施設



奇跡の生還劇「ロスト・ムーン」の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Metamorphoses Islands |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。