SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
火の鳥
2009-11-02 Mon 11:30
by Loby


 前回は漫画(サイボーグ009)について書いたので、今回もついでに漫画について書きます。
日本の漫画を語る時、手塚治虫(1928年 - 1989年)を抜いて語ることはできないでしょう。それほど手塚治虫が日本の漫画界にあたえた影響は巨大でした。(同作品は戦後ストーリー漫画の原点と位置づけられている)
手塚治虫は1947年に単行本『新宝島』を発表して一躍人気漫画家となり、以後、、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を発表して、戦後の日本漫画界の第一人者となりました。

手塚作品のSF的漫画の中では『鉄腕アトム』がよく知られており、今年はハリウッド版鉄腕アトムとも言える『アストロボーイ』が製作され10月から全米公開、ついで日本公開となっているので楽しみにしているアトムファンもいることでしょう。(かく言うLobyも楽しみにしている一人ですが、なんだかこのハリウッド晩アトムはトイストーリーのキャラに足ロケットを付け足したみたいです)。
まあ、鉄腕アトムは手塚治虫の代表作の一つであり、海外でも広く知られている作品ですけど、今日は『火の鳥』と『リボンの騎士』について書きたいと思います。


        壮大なスケールで生命という大テーマを描いた「火の鳥」
      火の鳥                      

火の鳥の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 手塚治虫作品 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Metamorphoses Islands |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。