SFファンのブログですが、宇宙、歴史、人物などもとりあげています…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
世紀の発見
2016-03-05 Sat 04:14
 ちょっと古い話ですが(といっても今年1月のこと)、米カリフォルニア工科大学の研究者たちは、1月20日に、太陽系外縁部に9個目の惑星とみられる物体が存在している証拠を発見したと発表しました。
この星は通称「プラネット・ナイン」。カリフォルニア工科大学によると、地球の10倍の質量を持ち、太陽から海王星の平均距離(約45億キロ)より20倍遠く離れた軌道を1万~2万年かけて周回しているそうです。なお、この天体は木星や土星などと同じガス惑星とみられるとか。

研究者が実際にこの惑星を観測したわけではないけど、他の研究結果から第9の惑星が存在するとの結論を導き出した。
研究者によると、海王星の軌道の外側に広がる「カイパーベルト」と呼ばれる領域に、軌道が特定の方向にとがっている複数の天体があり、数学的なモデルやコンピューターを駆使したシミュレーションから、こうした複数の天体の軌道の形成に影響を及ぼす重力を持つ惑星が存在するとの結論に至ったのだそうです。(参照記事

第9惑星の想像図 (Credit: Caltech/R. Hurt (IPAC))
planet_9_art_1_.jpg


世紀の発見の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 宇宙 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ロゼッタ探査機 10年の旅
2014-09-06 Sat 08:12
 ESA(欧州宇宙機関)が2004年3月2日に打ち上げたロゼッタ探査機が、8月4日、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に無事到着した。
ロゼッタ探査機は10年という長い年月をかけて目的である彗星に到着したわけだが、天文学的には10年という時間は一瞬の何億分の一かも知れない。 (ちなみに日本の「はやぶさ探査機」は7年かかって地球に帰還しているが、これははやぶさにトラブルが発生したために帰還が遅れたものであり、当初の予定通りであれば4年で帰還する計画であった)


アリアン5Gロ+ケットでフランス領ギアナから打ち上げられたロゼッタ探査機
KOU01-182614-pih.jpg
Credit: ESA/CNES/ARIANESPACE

ロゼッタ探査機 10年の旅の続きを読む
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
聖徳太子と飛鳥時代
2014-09-05 Fri 06:58
 斑鳩の里と書いて(いかるがのさと)と読むそうです。

弱冠十九歳にして摂政(せっしょう)の大役を推古天皇から任された聖徳太子が、601年に蘇我馬子の制約から離れ、摂政としての政策を実施する目的で新しく宮を建設し、日本の政治の中心地とした場所が斑鳩の里(太子の里とも呼ばれる)です。

 今回は『日本の歴史 第2巻-飛鳥時代』のお話です。

『日本の歴史 第2巻-飛鳥古京』の表紙
1-飛鳥時代


聖徳太子と飛鳥時代の続きを読む
別窓 | 日本の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
インフレーション宇宙論の綻び?
2014-06-30 Mon 07:13
 今年3月、ハーバード大学などの研究チームが、アルベルト・アインシュタインが予言した宇宙の“重力波”の観測に成功したと発表し、世界中で話題をさらった。宇宙は138億年前の誕生直後から急激に急激に膨張したことを示す証拠を初めてとらえたと発表したが、この発見が誤りだった可能性が大きくなってきた。

 研究チームは南極の望遠鏡で観測を行い、ビッグバンの名残である宇宙マイクロ波背景放射(CMB)と交差する驚くほど強力な重力波の痕跡を発見したと報告した。1980年台初頭に佐藤勝彦・自然科学研究機構長と米物理学者アラン・グース博士が提唱した「インフレーション(急膨張)」理論を裏付ける観測結果と科学界では受け取られ、「ノーベル賞級の成果」と話題になった。

南極点望遠鏡(South Pole Telescope, SPT) Credit: Wikipedia
South_pole_telescope_nov2009.jpg


インフレーション宇宙論の綻び?の続きを読む
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
宇宙論についての一考察 Part 4 宇宙の将来
2014-04-28 Mon 09:47
膨張し続ける宇宙ー 宇宙に終焉はあるのか: 宇宙の将来

 2012年の5月に書き始めた、このLobyの宇宙論考察、いよいよ最終回です。
だらだらととりとめのないような感じで書いてきましたが、また新しい発見や理論が発表されて、この考察を書き直すハメになる前に終えてしまおうと思います。また、最初にも書きましたが、私は天文学&天文物理学にはまるっきりのシロウトですので、言葉が足りないところ、もしくは勘違いしているところもあるかも知れないことを再度前もって断っておきます。


宇宙はなぜ始まったのか?

 さて、これまで宇宙論についていろいろな角度から見てきましたが、現在の主流となっている「ビッグバン宇宙論(+宇宙のインフレーション理論)」に関しては、現時点では宇宙の起源を説明するのに最適(もっとも説明しやすい)の理論ですが、だからといって、同理論は宇宙のすべてを解明した訳でないことは周知の通りです。超高エネルギー領域の物理学(量子重力理論や超弦理論)はまだ明らかになっておらず、宇宙の始まりについては実際のとことはほとんど分かってないというのが実情といえるでしょう。

宇宙の卵m

宇宙論についての一考察 Part 4 宇宙の将来の続きを読む
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ハッブル望遠鏡、打ち上げから24周年
2014-04-15 Tue 07:17
 NASAのハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げの第24周年を記念して、天文学者は地球から6400光年離れたモンキーヘッド星雲(NGC 2174)の赤外線写真を公開した。モンキーヘッド星雲はオリオン座の中に位置し、ガスや塵の雲が融合して新しい星が生まれる、「星のゆりかご(星形成領域)」として知られている。


ハッブル宇宙望遠鏡
hubble_in_orbit.jpg


この画像はハッブルの強力な赤外線キャッチ能力を示すとともに、次期宇宙望遠鏡として打ち上げが準備されている『ジェームズウエッブ望遠鏡の探知能力への期待をさらに高まらせている。


今回、NASAが公開したモンキーヘッド星雲の写真
NGC 2174
IMAGE CREDIT:NASA/ESA/HUBBLE HERITAGE TEAM (STScI/AURA)

ハッブル望遠鏡、打ち上げから24周年の続きを読む
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2億年前の巨大隕石 日本で発見 生物大絶滅の原因?
2014-01-29 Wed 05:34
隕石衝突のエネルギーは広島型原爆の30億倍

約2億年前に地球に衝突した巨大隕石(いんせき)の証拠が日本で見つかった。大規模な環境変化が起き、多くの生物が死滅した可能性がある。恐竜を絶滅させた隕石衝突のはるか以前にも、大事件が生き物たちを襲っていた。

航空機の窓から見えるマニクアガンクレーター その巨大さが伺える
Manicouagan crater


2億年前の巨大隕石 日本で発見 生物大絶滅の原因?の続きを読む
別窓 | サイエンス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
火星有人宇宙船「オリオン」の無人機、来年秋に打ち上げ
2013-12-10 Tue 05:25
 NASA(米航空宇宙局)が火星有人飛行のために開発中の次世代有人宇宙船「オリオン」の無人機打ち上げが来年の9月に決まった。NASAは2030年代半ばまでの火星有人飛行の実現を目指し、来年秋から試験飛行を開始する。政府機関閉鎖の影響で中止が懸念されていた火星の大気を調べる無人探査機「メイブン」の打ち上げも予定通り11月18日に行われ成功している。米国の威信をかけた“火星一番乗り”に向け、準備は着々と進んでいるが、片道だけで半年以上かかる過酷な旅を克服するには、解決すべき課題も山積している。

月面軌道上の「オリオン宇宙船」(Credit: NASA) 
オリオン宇宙船

火星有人宇宙船「オリオン」の無人機、来年秋に打ち上げの続きを読む
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ネアンデルタール人の知能はホモ・サピエンスと大差なかった?
2013-11-26 Tue 05:18
現生人類(ホモ・サピエンス)をして、近縁種であるネアンデルタール人などとの生存競争に勝ち抜かせ、地球上“最強”の種となしえたのは現生人類がもつDNAのどの部分だろう?
このような疑問に対して、ブラジルの科学者たちは「極わずか」、または「まったくない可能性がある」と答えている。
ブラジルで最近開催された遺伝子学会の席上、南リオ・グランデ州連邦大学の調査チームは、知能に関する人間のゲノムの調査結果を発表。

調査チームは現生人類のとネアンデルタール人およびデニソワ人(2008年にロシア・シベリアのデニソワ洞窟で発見された現生人類と共通の祖先をもつ、4万年前の人類) のゲノムの差を比較。

ネアンデルタール人の知能はホモ・サピエンスと大差なかった?
Neanderthal-family.jpg



ネアンデルタール人の知能はホモ・サピエンスと大差なかった?の続きを読む
別窓 | 人類学 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ザ・ホスト
2013-10-14 Mon 07:31
 SF大好き人間のLobyですが、最近はこれといった本格的なSF作品が少なくなりましたね。

本格的SFではないけど、最初から最後までLobyを引きつけたのが『ザ・ホスト』。

日本での公開は8月末ですので、すでに観られた方もいるかも。


ザ・ホスト01a


 この映画、典型的な“インベーダー”テーマの作品なのですが、興味深いのは、メラニー(シアーシャ・ローナン)と呼ばれる個体(人間)を専有したエイリアン“ソウル”が、気が弱いのか完全に個体を専有できず、もとの持ち主メラニーの人格と個体を共有してしまうということです。映画の中でメアリーとワンダラー(ソウル)の会話を聞いていると、まるで二重人格者の葛藤を見ているような感じです。

ザ・ホストの続きを読む
別窓 | 外国のSF作品 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Metamorphoses Islands | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。